公的融資の知識

公的融資は日本政策金融公庫や、信用保証協会や商工会議所などの公的機関による融資です。

 

直接融資をしていくほかには、金融機関からの融資に利子補給をしたり、債務保証をしてみたりといった間接的に中小事業者の資金調達を後押しするような形式をとっていることがあります。

 

さらに公的融資は融資枠が比較的大きくて、金利も低めでまず検討したいのですが、審査に比較的に時間もかかってきて利用対象の業種や利用条件が限定されているようなことがありますから、注意しましょう。

 

そして、それたいして民間融資はいわゆるビジネスローンなど銀行などの民間金融機関の融資です。

 

ビジネスローンは公的融資よりも融資枠は小さくて、金利が高めになっていることがありますが、比較的必要書類が少ないといったことがあり、審査機関が短くて、利用条件も緩やかで、急を要する湯な資金需要にはビジネスローンが向いています。

 

そして、事業資金の調達を考えるときには、事業所の所在地や業種で利用できるような公的融資にはどのようなものがあるかをしっかりとは把握してみて、有利に使えるようなビジネスローンをピックアップ後、金利や審査機関や利用条件などを十分比較検討してみるといったことが大事でしょう。

 

ローンの詳細をしっかり見て、いいキャッシングに

ビジネスローンについても、借入時には個々の商品内容のチェックが大事です。

 

ビジネスローンは銀行系やノンバンク系かにより違いがあるのですが、銀行系のビジネスローンは比較的金利が低めであり、返済期間も長めに設定可能で、借入可能額も高い商品が多いのですが、その代わり必要書類も多くて審査が厳しく、審査にとてもかかってくるようなにっすは長めとなっています。

 

ノンバンク系のビジネスローンのメリットはスピードですが、金利は銀行系に比べると高くて、借入可能額も低めですが、速いものは数時間で審査可能で審査機関もとても短く、急な資金需要の強みを発揮しています。

 

そして時間的に余裕があって、金利負担を抑えるといったことを重視するのであれば、銀行系を・・・
さらに手間なくスピードを重視したいといったことがあればノンバンク系といった、資金需要の内容によりビジネスローンは使い分けてみるといったことが重要です。

 

ビジネスローンは素早い資金調達ができて、中小事業者や自営業者などが事業資金を借りるときには、大きく分けると公的融資と民間融資の2つの方法がありますから、しっかり活用しましょう。