今月こそは倹約してクレジットカードの利用を少しでも減らすぞ!

収入が少ないので時々キャッシングをしてしまいます
言ってくれます。私もその通りですと自慢したくもなるのですが、実情は全く違います。人にも田舎の親にも話せないような、みじめな待遇で何年も勤務しています。朝マンションを出て、夜マンションへ帰ってくるまでは背筋を伸ばして虚勢を張っているのです。私は毎年更新する職員です。簡単に言うとアルバイトです。時間で働いていますから、休んだり、残業が減ったりすると翌月の給与は減額になります。毎月の最低の生活費を割ってしまうことがあります。そんな時は恥ずかしいことですが、やむなく消費者金融のカードでキャッシングをしています。1万円とか、そんな感じでキャッシングして生活を繋いでいます。  

 

もっと安定した正職の仕事が無いかと探していますが、年齢のこともありなかなか見つかりませんが、諦めずにハローワークには通っています。私と同じ待遇の同僚の女性はどうしているのかと思います。男性もいます。男性も女性も関係ありませんが、家族持ちの人もいますから奥さんも一生懸命に働いて家計を支えているのだろうなと思います。女性の中には飲食店で深夜まで働いている人もいるようです。自宅じゃないところから出勤してきたと思う女性もときどき見かけます。  

 

私もキャッシングの残高をゼロにしようと倹約して頑張っているのですが、減るどころか増える傾向にあります。お金のことばかり考えているので、毎日が楽しくありません。結婚願望はありますが、最近は田舎の親も何も言ってこなくなりました。夜のアルバイトをしたらキャッシングのマイナスなどすぐに埋められますが、将来の展望が開けるわけではありません。毎日、悩みながら生き続けています。

 

生活費が足りなくなってしまいます。

 

物価が高くて困ります。

 

普通に生活しているだけなのに、生活費が足りなくなってしまいます。

 

今月こそは倹約してクレジットカードの利用を少しでも減らすぞ!と
毎月はじめに意気込んで節約するのですが、どうしても中旬になると
手元のお金が少なくなって弱気になります。

 

そうするとネットでクレジットカードで生活雑貨などを買う。

 

それで手元にお金が月の最後で少し残るので必要ではない物を
買ってしまったり、少し贅沢な夕食を作ったりで、手元のお金を使いきる。

 

翌月以降クレジットカードの支払いを見て反省。
の繰り返しなんです。

 

そんなとき魔がさします。
一度カードローンでクレジットカードの返済をしてみたら、手元のお金も減らずにクレジットカードで生活雑貨を買わずに済むのでは?と。

 

でも、結局同じ事どころか金利を払う分支出は増えるというのに。

 

冷静に考えれば、よく言われる支出ごとに予算を立て、封筒に入れてそこから現金で支払って行くやり方が一番堅実かつ生活費が足りなくならない方法なのに。

 

毎日仕事に家事に追われていっぱいいっぱいの生活。

 

少しぐらい贅沢したっていいじゃないと、美味しそうな物を買ってしまうその浪費こそが生活費が足りなくなる原因と分かっているのに、やめられないのです。

 

ストレスがたまってるのかもしれません。

 

一度、クレジットカードの利用を最小限に減らせたことがあったのです。

 

でもゴールデンウィークの帰省予算を取っておかなかったせいで、クレジットカードで新幹線のきっぷを買ってしまい、また元に戻ってしまいました。

 

私の生活はこんなのがずっと続くのでしょうか。

 

どうにかしないと本当にカードローンに走ってしまいそうです。

 

これから子どもの学費や習い事などでもっともっと生活費が必要になるというのに。

生活費が足りなくなってしまい、お金が必要関連ページ

独立するためにお金が欲しい。
お金が必要なので借金する!
お金を借りたいと思う時
お金が必要なので借金する!
飲みに出かけるとお金を借りたくなる
飲みに出かけるとお金を借りたくなる
財布にお金もクレジットカードも忘れた幹事さんどうするの?
財布にお金もクレジットカードも忘れた幹事さんどうするの?!
ママ友とのおつきあいのためにお金がどうしても必要
ママ友とのおつきあいのためにお金がどうしても必要
資格の勉強をしながらでもやっていけるだけのまとまった生活資金が欲しい
お金が必要なので借金する!
事業活動のために、金融機関からの借り入れを考える。
お金が必要なので借金する!
キャッシングの利用の目的は?
お金が必要なので借金する!
希望退職し家計は火の車
お金が必要なので借金する!
家賃滞納の解決に役立つキャッシング
お金が必要なので借金する!
キャッシングを行う理由について
お金が必要なので借金する!